カテゴリ:お泊りなら( 1 )

大須商店街は11時からお店が開き、夜7時には閉まるところが多いです。昼間のにぎやかさは6時すぎには静かになってきます。泊まるホテルも、一軒ホテルがあるくらいです。お泊りの方には伏見をお勧めします。
そこで、お泊りなら、大須からまっすぐ歩くと伏見という場所なら、ビジネスホテルも多いし、名古屋駅も繁華街にも近いし、栄にもすぐです。御園座も目の前にあるし、御園座から納屋橋方面にあるくのもとてもいいです。
そんなんで、伏見のモンブランホテルにお泊りされる方がいらっしゃるので、ついでに大須観音までの道しるべご紹介します。
HPでみるより小さくて古い建物ですが^^;;でも場所最高です。

地下鉄伏見駅4番出口にでます。
b0259063_1947146.jpg

階段をあがって外に出てまっすぐあるくとドトールコーヒーとワイン食堂ウノがあります。
b0259063_19482691.jpg

そこの信号を渡ると薬局があります。
b0259063_1948679.jpg

薬局を右に曲がります。
すぐ隣が、miyu行きつけ?いやいやたまに行く居酒屋『一軒目酒場』
b0259063_19491221.jpg

ここは3時からやっているのです。そして安い。そして気楽で長居できる。
b0259063_19503425.jpg

b0259063_20349.jpg

そこをすぎるとうどんのどんどん庵
b0259063_19515233.jpg

向かいも居酒屋とラーメン屋
b0259063_19521058.jpg

b0259063_19525651.jpg

隣は昭和ろばた焼き。昭和歌謡曲が夕方から外まで流れています。
b0259063_19532091.jpg

そこをすぎるとモンブランホテルの看板が大きく見えますが、ホテルは角のファミマを左に曲がらないと入り口はありません。
b0259063_19551834.jpg

右角は御園座も見えます。
b0259063_19555384.jpg

ファミマを左に曲がるとすぐモンブランホテルの一階がカフェになっています。
朝7時からやっています。
b0259063_19561530.jpg

この横がホテルの入り口です。
そして右となりは、名古屋名物。世界の山ちゃんです。
b0259063_1957584.jpg

このままホテルの前の道を世界の山ちゃんの方にずっと歩いていくと繁華街です。
15分くらいまっすぐ歩くと突き当たりは三越。ラシックが見えます。左をみるとテレビ等も近いです。
b0259063_19583752.jpg

b0259063_19584990.jpg


さて、ここまでが地下鉄伏見駅4番出口でてからモンブランホテルまでの道しるべでした。5分かかりません。

今度はこのモンブランホテルから大須のアトリエまで歩いていきましょう。大須観音まで歩くということですね。
雨のときは、地下鉄伏見駅で鶴舞線に乗り、豊田市行きに乗ってください。すぐ次の駅が大須観音駅です。
2番出口でおりたらすぐサークルKです。地下鉄に乗れば3分です。
歩く場合はまずはモンブランホテルをでたら右に歩いて、御園座のビルのほうに歩いていきます。
b0259063_20344711.jpg

すぐ大きな道路に突き当たります。伏見通りです。
そこを左に曲がって道路沿いをまっすぐ歩いていってください。
b0259063_20103250.jpg

向こうに青矢印がたくさん出ています。そこを越えると大須ですよ。
歩いている途中に道を挟んだ右側にすき家が見えます。
b0259063_20124221.jpg

左側は白川公園です。白川公園の横を歩いています。
b0259063_20154971.jpg

b0259063_20124756.jpg

白川公園の入り口のところが大きな信号です。そのまま大きな信号をまっすぐ直進します。信号が二つ続きます。
b0259063_20162295.jpg

b0259063_2015474.jpg
b0259063_2015145.jpg

信号を渡りきると、そのまままっすぐ歩いてきてください。
b0259063_2017854.jpg

宮本むなしと大須観音の地下鉄、そしてサークルKが見えてきます。
b0259063_20174533.jpg

ここです!このサークルKの左側に自転車がたくさん並んでいます。そこに階段があります。そこの階段をあがってきてくださいね。近くにはコインパーキングたくさんあります。
そしてサークルKをすぎるとすぐ大須観音の入り口になります。

いかがだったでしょうか?わかりましたか?泊まりで名古屋にお越しの際は、伏見で飲みましょう!
案内人はmiyuでした~!emoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by aoitorikita | 2014-06-20 19:43 | お泊りなら